Candera JAPAN

CANDERA JAPAN

カンデラは、2022年1月19日(水)~ 21日(金)に東京ビッグサイトで開催された、
世界最大規模のクルマの先端技術の展示会「第14回オートモーティブワールド」に出展しました。

カンデラブースでは、自動車用のHMIデザインと組み込みソフトウェア分野における最新技術や、
AI支援による高速なHMI作成が可能な開発ツール「CGI Studio」を使用した数々のデモを用意し、車載ソリューションとして提案しました。

展示会概要

会期: 2022年1月19日[ 水 ] ~ 1月21日[ 金 ]

時間: 10:00 ~ 18:00 [ 21日 17:00 まで ]

会場: 東京ビックサイト 東展示棟

場所: 小間46-35

出展内容

◆ CGI Studio 3.10

◆ EV R-CarM3 Solution

◆ R-Car E3 Solution

◆ 機能安全 SIEMENS Solution

◆ Raspberry Pi ショベルカー 3D Solution

CGI Studio3.10

GUIオーサリングツール

「CGI Studio」は、スケーラブルでハードウェアに依存しないHMI設計ソフトウェアです。車載分野をはじめとするその他多くの産業分野において、カスタマイズできるHMIの作成を可能にします。ASILをはじめ、MISRAやSPICEといった高度な機能安全をサポートし、高速スタートアップや小フットプリントを維持しながら、「CGI Studio」オープン・アーキテクチャにより、様々なワークフローに容易に適合し、自動化することができます。

R-Car M3 EV CLUSTER SOLUTION

R-Car EV デジタルクラスターソリューション

このEV(電気自動車)用デジタルメータークラスターは、自動車HMIの未来を描き創造するCanderaの最新ソリューションです。バッテリー残量をはじめ、モードステータス(セーフティ、コンフォート、ECO等)やナビゲーションモード、そして充電スポット検索などのさまざまなシーンが含まれています。

R-Car E3 CLUSTER SOLUTION

R-Car デジタルメーターソリューション

自動車HMIの未来を描き創造することを継続的な目標として掲げるCanderaの最新デジタルメータークラスターです。
このソリューションは、車線逸脱警報システムや衝突回避システムなどのADAS要素を含み、マルチCPUドメインにも対応可能です。

SAFETY CERTIFIABLE HIGH RESOLUTION CLUSTER SOLUTION

機能安全ソリューション

このソリューションは、自動車認証に不可欠な機能安全規格(ISO 26262)を満たしながら、インストルメントクラスターのディスプレイ管理を行います。走行中の安全に関する情報とそれ以外の情報とに分離させ、安全に関する情報を最優先に表示させることができます。
1台のディスプレイに、クリティカルとノンクリティカルという対照的な性質のHMIアプリケーションを混在させて表示させることは、従来困難とされてきましたが、「CGI Studio」と組み合わせることで可能になりました。

Raspberry Pi POWER SHOVEL 3D SOLUTION

Raspberry Pi パワーショベル 3D ソリューション

このソリューションは、高性能スマートフォンなどに搭載されている「ARM® Cortex®-A72」アーキテクチャを採用する実機「Raspberry Pi 4 Model B」に、「CGI Studio」を実装した車載向け「ショベルカー3Dソリューション」です。